スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境・CSR・地球温暖化対策に活用できるグリーンサイトライセンスを株式会社Realizeが導入

写真拡大 環境・CSR・地球温暖化対策に活用完了するグリーンサイトライセンスを株式企業Realizeが導入
ラウル株式企業(本社:東京都新宿区、代表:江田健二)が提供するホームページの環境認証サーヴィス 「グリーンサイトライセンス」を、株式企業Realizeが導入しました。

内窓(二重サッシ)の専門店「良い窓シアワセ名人ジェクト」
http://e-2mado.com/

建売り・一戸建てオプションの専門店「建売り・一戸建てバージョンアップ名人ジェクト」
http://e-vup.com/

株式企業Realizeは今回の取り組みを含め、
今後も様々な地球環境質疑の解決に対し、積極的に取り組んでまいります。

■Green Site License とは?
IT を一番身近に感じることが完了するWEB サイトをいクツかのCO2 削減活動を行って、
WEB サイトで環境貢献完了する仕組みです。企業や消費者が環境保護を身近に感じる機会を提供し、
1 人1 人 が環境活動に対しての行動を起こす後押しとなる『IT+環境』を推進する
導入サイト数NO.1 の環境認証サーヴィスです。

ホーム ページの環境認証サーヴィス「グリーンサイトライセンス」
http://www.gsl-co2.com/

導入サイト一覧
http://www.gsl-co2.com/about/case/

■株式企業Realize 概要
・所在地:東京都世田谷区粕谷2丁目6番17号 ニュー五反ハウス108
・代表:加藤 祐二
・URL:http://realize-e.com/
・事業中身:
エクステリアの企画・制作・施工
住宅設備機器の販売及び取付工事
リビング・インテリア建材の販売・工事
ガラス・サッシの販売・施工
シャッター建材の販売・工事
住宅・マンション・店舗のリフォーム
内装工事・外構工事の請負

■RAUL 株式企業
・代表者:江田健二
・本社所在地:〒160-0005 東京都新宿区愛住町11-1 グラン四谷ビル1F
・資本金銭:3000 万円
・事業中身: CSR/環境メディアの企画/構築/運営
排 出権(カーボンオフセット)関連商品 の開発/販売
環境ビジネス/CSR コンサルティング
・URL: http://www.ra-ul.com/

■本件に関するプレスからのお問い合わせ先
ラウル株式企業
担当:三屋(みつ や)
TEL:03-6411-0858/Fax: 03-6856-4305 E-mail: gsl@ra-ul.com

詳細はこちら


http://news.livedoor.com/article/detail/4957107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します








myfamily_townさん

塞いだ窓をまた新たに

店舗リフォームについてです。

借りようと思ってる店舗なんですが、2メートル×1メートルくらいの窓が壁にあったようなんです。 前の借り主が必要なかったようでそこを後から塞いだ様です。

窓を外して表と中と木を打ち付けているようです。


明るさが足りナイので、窓、もしくはガラスをまた張りたいです。


この場合、元々窓なので可能だとは思うんですが、予算的にはいくら位が妥当でしょうか?

リフォーム企業に見積りを頼みますが、一応どれくらいか頭にいれておきたいので。




ベストアンサーに選ばれた回答


kk_k_0123さん


大家に復旧を依頼してみては?
本来は前の借主が現状復旧して返却するものです。

質問者がその窓を窓として戻した時、現状復旧は塞いで返却するのでしょうか?
大家ときちんと話をされてからにしたほうがよろしいかと思います。

予算ですが、ガラスの入れ替えで5mmで2~3万円くらいです。
サッシ部分も無いとなると総額で5~6万円ぐらいになります。
一般サッシの金銭額です。



http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1449661179
※この記事の著作権は配信元に帰属します

住宅の相談は長崎県大村市のくわひかへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くわひか

Author:くわひか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。